英字新聞カルチュラル・ニュースの日本語要約


by culturalnews

<   2006年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

e0069249_14455019.jpg


「野崎」役の松崎悠希さんと「西郷」役の二宮和也さん(ワーナー映画提供)



「硫黄島からの手紙」は、もともとは「父親たちの星条旗」を製作する話がもちあがったとき、日本軍の側から見た硫黄島作戦をDVD版として作り、「星条旗」のDVD発売の時に、セットで販売するということだった。

「硫黄島からの手紙」は、舞台が太平洋のど真ん中の島であるが、実際の撮影は、ロサンゼルスとラスベガスの中間地点バストー近郊の砂漠の中の元銀鉱山(キャリコ)を中心に、ロサンゼルス近郊のマリブ海岸、ワーナーブラザー撮影所で行われた。硫黄島でのロケもあったが、硫黄島に行ったのは、渡辺謙だけだった。

制作費2000万ドルで、ハリウッド映画としては小規模作品であったことも、ロサンゼルス地元で撮影せざるを得なかった原因のようだ。キャリコ近郊は昔、火山があったところで、黒い溶石が取れる。この溶岩石を砕いて販売している会社があり、硫黄島の黒い砂は、この会社から調達した。

キャリコでの撮影は、2006年3から4月にかけて行われた。

日本から来た俳優は、渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加藤亮、中村獅童、裕木奈江。


e0069249_1439696.jpg松崎悠希(まつざき・ゆうき)=野崎・陸軍一等兵役

宮崎県宮崎市出身。25歳。児童向けの劇団で7歳から演技を始める。

全国組織、子供演劇「LABO」を母親が運営していて、子供向けコメディーに出演していた。
18歳で日本をでるまで、11年間、この劇団に所属していた。

宮崎県立宮崎大宮高校普通科を卒業。
神奈川県川崎市の「日本映画学校(Japan Academy of Moving Images)」俳優科に通う傍ら、
3ヶ月ほど新聞奨学生として住んでいた。平均睡眠時間は、2時間で、地獄のような日々を経験。

2000年に18歳で、ニューヨークへ渡るも、滞在中に持ち金を全て盗まれホームレスになってしまう。しかし俳優になる夢を諦めきれず、路上で歌いながら生活する。B級アクション映画にキャストされたのをきっかけに、ロサンゼルスへ移り、2002年、映画「ラストサムライ」に官憲役でキャストされた。

松崎悠希は語る:
本当に良い経験をしました。そして色々な事を学びました。
文字に書かれた人物をどうすれば「現実」に持ってこれるのか。
血の通った人間として観客に伝える事が出来るのか。
それだけに全精力を費やしました。
役作りの為、撮影終了までの5週間、
殆ど何も食べなかったので30ポンド近く痩せました。
全ては「野崎」を生きた一人の人間にする為です。
彼がどのように生き、どのような思いを持って死んでいったのか、
それが観客に伝わればこれほど嬉しい事はありません。

「日本兵」は「日本人」であって、
生まれついて「日本兵」だったわけではありません。
彼らは一人一人に独立した人生、そして家族があったのです。
これまで無個性に描かれる事が多かった「日本兵」は、
この映画によって、無限の彩りを手に入れる事でしょう。
クリント監督、本当にありがとう!


e0069249_1440046.jpg戸田年治(とだ・としはる)=足立大佐役

東京都杉並区阿佐ヶ谷出身、劇団四季に3年、ニューヨークで17年、ブロードウエー・ミュージカルをやっていた。

ロサンゼルスに移って、15年、さまざまな映画、テレビドラマに出演。

「パールバーバー」では、日本軍の攻撃を目撃した日本人歯医者の役をやった。このシーンは脚本の段階で、日系人団体から、日本人がスパイとして描かれていると抗議があり、削られていた。しかし、大方の撮影が終わった段階で、取り入れることが決まり、あとで、撮影されたといういきさつがある。

戸田年治は語る:
役者として出演する映画はそれぞれ大事ですが、特にこの映画に関しては実際の出来事で、演じる役も実在の人物(厚地大佐)なのでとても名誉に感じています。日本の歴史の一部を演じるという機会は少なく非常に幸運だと思います。また子供の頃に見ていたテレビ番組ローハイドで初めてみた、今は世界を代表する監督になったクリントイーストウッド氏の作品に出られたのは感激でした。


e0069249_1440183.jpgブラック縁(ゆかり)=憲兵に言いがかりを付けられ、飼い犬を殺されてしまう、夫を兵士に取られた妻の役

静岡県浜松市生まれ。3歳のときからステージに立ち、以来、女優、歌手、シンガー・ソングライターなど、さまざまなことをやる。

多摩川大学演劇科を卒業。最近は、太鼓演奏も始め、グループTYTを結成、2006年11月のロサンゼルスのジャパン・エクスポで披露した。ロサンゼルス滞在、13年。

ロサンゼルスで、演劇に多数出演。


e0069249_14403864.jpg渡辺広(わたなべ・ひろし)=藤田中尉役

東京生まれ、港区立城南中学、私立聖学院高校を卒業後、青年座の研究所を経て、池袋、新宿の小劇場を中心に舞台経験を積む。

26歳で、ニューヨークへ行き演劇の名門校の門をたたくが、「英語力が足りず」、いったん日本へ戻り、 1995年、再渡米、ロサンゼルスへ。
 
30歳でロサンゼルス・シティー・カレッジの演劇科を卒業後、映画、舞台などに出演。二―ルサイモン作「おかしな二人」、シェイクスピア作「Two Noble Kinsmen」、映画「ラストサムライ」など。

  四人兄弟の長男で、実家は港区、東京のど真ん中で育った。演技に興味を持ったのは7歳のとき。母親が「この子を舞台に立たせたらおもしろいんじゃないか」と英語の劇団サークルに所属したのが、始まり。 
[PR]
by culturalnews | 2006-12-28 14:47 | 映画
出演:津軽三味線の若手ナンバーワン 新田昌弘 (写真)
共演:Kevin Kmetz, Mike Penny
入場料10ドル
Sozenji Buddhist Temple
3020 West Beverly Blvd., Montebello, CA 90640
(626) 307-3839

e0069249_8475127.jpg
[PR]
by culturalnews | 2006-12-28 08:48 | イベント
神浦元彰の世界の見方 (2006年12月号の日本語オリジナル原稿)

(翻訳 アラン・グリーソン)

北朝鮮の核実験を受けて、日本では核武装の議論を始めるべきか、揉(も)めている。自民党の有力議員が、日本の隣国で核兵器を持つ国がでれば、日本も核武装を議論する必要があると主張した。安倍首相も自由な議論は大事として、核議論に理解する姿勢を見せている。しかし野党はこの時期の核議論は、核武装を正当化するためと強く反対する。

 しかし多くの国民は、突然に登場した日本の核武装という言葉に驚いた。北朝鮮の核実験を非難しているのに、なぜ日本の核武装が議論されるのか理解できなかった。

多くのアメリカ人は、広島や長崎の原爆投下を、太平洋戦争を早く終わらせて、犠牲者を少なくするために必要だったと考えている。冷戦時代のアメリカ人は、核兵器は全面核戦争を防ぐ抑止力として必要と考えていた。だからアメリカ人には、今の日本で核議論さえも反対することは、理解できないことかも知れない。

そこには日本とアメリカで、戦争に対する考えに根本的な違いがある。一般のアメリカ人にとって戦争とは、正義や自由ための聖なる戦いである。しかし一般の日本人にとっての戦争は、残忍な殺戮や破壊が行われる罪悪なのである。中でも核兵器とはもっと残忍な兵器という考えである。

 これは近代の日本史で、国家が総力で巨大な軍事力を築き、国民の教育や思想を統制し、戦争を美化したことが、日本を最も不幸な時代にしたという反省からである。

だから日本人は本気で日本の先制攻撃論や核抑止論を議論すれば、自然と罪悪感さえも生まれてくる。

しかし、そんな考え方を日本に持ち込んだのはアメリカである。アメリカは日本が再び軍事大国になり、アジアや太平洋でアメリカと覇権を争うことに危機感を持った。だから日本が軽武装する代わりに、日本の安全をアメリカが保証した。

しかし日本人はこの平和主義に感謝している。日本が60年間も大きな戦争に巻き込まれることなく、諸外国から敵対されず、繁栄した国を築くことができたからだ。

北朝鮮は自国への制裁を宣戦布告とみなすと威嚇した。しかし日本は、北朝鮮の核実験に怯(おび)えていない。日本は、北朝鮮への対抗策として、核武装を進めるのではなく、国際社会の先頭で、厳しい経済制裁をとることを決めた。日本は、世界の経済大国の中では数少ない、核兵器を配備して抑止力としない国である。世界第二位の経済パワーを持つ日本は、核兵器が人類に登場して61年目に「非核大国」となった。

北朝鮮の核実験は、日本が核兵器に依存しない「非核大国」であることを日本人に自覚させた。

神浦元彰のホームページ: www.kamiura.com

カルチュラル・ニュースのホームページ: www.culturalnews.com
[PR]
by culturalnews | 2006-12-23 14:46 | 神浦元彰の世界の見方
*********
大人向けの日本語クラスを始めた、パサデナの日本語学校 (1, 4ページ)

 パサデナ学園は、1935年に創立した日本人子弟に日本語を教える学校で、授業は、毎週土曜日の午前8時45分から12時15分まで、パサデナ日本文化センターで行われている。パサデナ学園は、傘下に5つの学園を持つ、日本語学園協同システムに加入している。

 パサデナ学園では、今年9月から、4人の日本人の先生が、午前中の子供クラスが終わったあとで、午後から大人向けの日本語クラスを教えるようになった。パサデナ学園で、大人クラスを始めるきっかけは、昨年7月、ロサンゼルス・タイムズ(新聞社)のベテラン記者、テレサ・ワタナベさんが、協同システム本部に、日本語を教えてくれる人をさがしている、と電話をかけてきたことだった。

 本部は、ワタナベさんがサウス・パサデナに住んでしたことから、パサデナ学園を紹介、ウィラード・たみこ先生がワタナベさんの個人指導をすることになった。

 ワタナベさんの申し込みで、大人の日本語クラスの需要があるのではないか、という話がパサデナ学園内でもちあがり、ウィラード先生が昨年9月から、午後1時半から3時までの大人日本語クラスを始めたところ、5人の大人が受講した。

 今年の9月からは、ウィラード先生の他に、ケリー・はるよ先生、那須ようこ先生が大人クラスを担当するようになり、クラスは、レベル1から3までを同時に教えられるようになった。ワタナベさんの個人指導のために始めたクラスは、レベル4で、今では、ワタナベさんに替わって、文化人類学の博士号を持つアメリカ人が、日本語文献を読むために、このクラスを取っている。

 ケリー先生の日本語クラスでは、インドネシア人のホディー・ジーさん、タイ人のポーリー・ガラヌカンさん、日系二世のヒデオ・ヒラタさんの3人が生徒である。

 ジーさんは、妻が日本人で、ジーさん家族は日本で生活をしたことがあり、子供が日本で教育を受けているので、日本語を話すことが、必要なのだ。

 ガラヌカンさんは、タイで育っているが、父親が台湾人で日本語を話すことができたので、子供のころから日本語や日本文化を教えられていた。現在は、若柳流の日本舞踊を習っている。日本舞踊教室では、先生も生徒も日本語を話しているので、日本舞踊を理解するために、日本語を習っている。

 ヒラタさんは、パサデナ日本文化センターで剣道を習って8年になる。5年前に日本を旅行したとき、九州に親戚がいることが分かり、この親戚と日本語で話しをしたい、ということが動機になっている。

 ケリー先生の大人クラスは、会話中心の授業をやることが特徴で、好評を博している。

*********
弓矢の儀式で幕開けをするリトル東京・日米文化会館の「事始」(ことはじめ)、1月7日(1, 5ページ) 

 恒例のリトル東京・日米文化会館での「事始」儀式は、1月7日午後1時から、同会館の芸術監督・小阪博一氏の企画・指揮で、日米文化会館プラザで行われる。

 小阪氏が初弓をひく儀式は、フラメンコ・ギター(サンティアゴ・プリチェテル)琴(粟屋陽子)の演奏とフラメンコ・ダンサー(牧野みどり)、沖縄舞踊・真境名(まじきな)本流のパフォーマンスが進行する中で行われる。

 このあとで、コダマ太鼓が、太鼓を演奏しながら、餅をついて新年のお祝いをする。酒樽を割る「鏡開き」も行われる。

 午後1時半からは、ドイザキ・ギャラリーで和紙を使った凧作りが行われる。このイベントは、ドラチェン財団の後援で行われる。また同時に、ドラチェン財団が集めた約30点の現代アートを展示する「和紙から翼へ」が開かれる。恒例の色紙展もドイザキ・ギャラリーで開催される。今年の色紙に描くテーマは「初笑い」。

*******
サンタモニカの和紙専門店「ヒロミ・ペーパー・インターナショナル」は、元前衛芸術家の日本人女性が経営者(2、5ページ)

 サンタモニカのギャラリー地区バーガモット・ステーションで、日本の和紙を専門に販売しているのが片山ひろみさん経営の「ヒロミ・ペーパー・インターナショナル」。片山さんは、札幌生まれだが、京都で育った。1950年、60年代、関西で起こった前衛芸術運動「具体美術」の影響を受けて、自らが日本で前衛芸術家になった。和紙を絵を描くキャンバスから、和紙自身がオブジェクトとであると、考えるようになり、和紙作りの伝統も体験した。

 海外では、1980年にサンフランシスコとカナダで、初めて作品を展示した。1986年にカリフォルニア大学サンタバーバラ校で、和紙についてのゲスト講師として呼ばれ、日本と比べると自由な空気があるカリフォルニアが気に入った。翌1987年には、マリナデルレイに引越し、ロサンゼルスでの生活を始めた。

 ロサンゼルスで暮してみると、和紙について、アメリカ人がまったく知識がないことが分かった。和紙は、英語では、ライス・ペーパーと呼ばれているが、和紙の成分には米は、まったく使われていない。

 和紙は、美術館で古い絵画や書籍の補修に使われていたことから、注文を取ってから、日本から和紙を買い入れる、というやり方で、「ヒロミ・ペーパー・インターナショナル」が始まった。

 1993年に、美術館からの注文が減り始めたため、売上を補うため、マリナデルレイに、一般向けに和紙を売る店舗をオープンした。それから5年後には、現在のサンタモニカのギャラリー地区バーガモット・ステーションに店舗を移している。

 現在、「ヒロミ・ペーパー・インターナショナル」が扱っている和紙は、日本の20カ所の製造元から800種類。このほかにも、インドネシア、ドイツ、スペイン、イギリス、インドの紙も販売している。

 新製品としては、コンピューターで印刷することが、一般的になってきていることから、インクジェットやレーザープリンターにも使うことができる和紙がある。

 「和紙を美しいものとして、飾っておくだけでは、和紙メーカーは生活できなくなる。和紙をどんどん、使ってほしい」と片山さんは、言っている。

********
佐渡を拠点に世界公演を続けている太鼓グループ「鼓童」のロサンゼルスUCLA公演、2月9-11日(3ページ)

  新潟県佐渡島に生活の中心を置き、毎年世界中で公演している太鼓グループ「鼓童」の北米ツアーが、2007年1月末から始まり、ロサンゼルスでは、UCLA大学の主催で、2月9-11日の3日間、同大学内のロイスホームで行われる。9日(金)、10日(土)は午後8時からの通常公演。チケットは、50、38、28ドル。11日(日)は、UCLA大学の家族向けプログラムとなっており、午後2時から。12歳以下は17ドル。同伴する家族にも割引がある。

  鼓童の海外公演は、「ワン・アース・ツアー」と呼ばれている。鼓童のウエッブサイトは www.kodo.or.jp。

*********
日本の木造建築を世界に紹介する「観光フォーラム」がリトル東京で開催される、1月18日(3ページ)

  国土交通省と奈良市など木造建築の重要文化財を持つ地方自治体が協力して、ロサンゼルスで「日本の木造世界遺産観光フォーラム」を1月18日(木)午後6時からリトル東京のアラタニ日米劇場で開く。

  奈良市のほか、姫路市、奈良県斑鳩町、奈良県吉野町、広島県廿日市市が参加し、それぞれの世界遺産に登録されている木造建築の魅力を発表する。基調講演を、東京大学大学院教授で、都市デザイン専門家、西村幸夫氏が行う。テーマは、日本の木造世界遺産―その背景・構造・技術。

 また、特別公演が、奈良県吉野の山伏、中井教善師によって、「山伏の姿と心―厳しい自然の中で精神を清める」のテーマで行われる。中井師は、吉野大嶺山(よしのおおみねざん)御持院喜蔵院(ごじいん・きぞういん)の住職を務めている。
 
 フォーラムは、入場無料。

***********
ハンフォードのリー美術館の新展示テーマは「分かち合うことの美しさ」、12月5日から3月17日(4ページ) 

  カリフォルニア州中部ハンフォードにあるリー日本美術館の12月5日からの展示は、「分かち合うことの美しさ-12人の収集家が見つけた日本美術」のテーマで、伝統的な日本画から近代的な作品までを展示する。

  近代的作品の中で主だった作品としては、ウエマツ・チクユウとホンダ・ショリュの竹籠細工、鈴木ゴロの陶器、アラキ・ミノルの絵画など。

  リー日本美術館では、同時に、武具や民芸品の展示も行っている。展示期間は、3月17日まで。開館日は火曜日から土曜日まで、午後1時から5時まで。大人5ドル。

***********
ロサンゼルス高野山別院で初護摩(はつごま)法要、1月1日 (4ページ)

 リトル東京の高野山ロサンゼルス別院では、正月は午前10時から初護摩が焚かれ、午後5時まで、初詣を受け付ける。初護摩経を行うのは、高野山別院住職の宮田諦詮(みやた・たいせん)大僧正(写真)。厄除けのお守り、交通安全の守護符、破魔矢(はまや)、亥年の絵馬、腕輪念珠なども、販売される。

**********
ロサンゼルス・カウンティー美術館の1月の展示 (5ページ)

日本画展:真実と驚嘆、1月30日まで
日本画展:江戸/東京、1月30日まで
根付展:18世紀における根付の進化、1月23日まで

************
神浦元彰の「日本発、世界の見方」
 (翻訳 アラン・グリーソン)
北朝鮮の核兵器威嚇に、経済制裁で対抗する“非核大国”日本 (6ページ)


北朝鮮の核実験を受けて、日本では核武装の議論を始めるべきか、揉(も)めている。自民党の有力議員が、日本の隣国で核兵器を持つ国がでれば、日本も核武装を議論する必要があると主張した。安倍首相も自由な議論は大事として、核議論に理解する姿勢を見せている。しかし野党はこの時期の核議論は、核武装を正当化するためと強く反対する。

 しかし多くの国民は、突然に登場した日本の核武装という言葉に驚いた。北朝鮮の核実験を非難しているのに、なぜ日本の核武装が議論されるのか理解できなかった。

多くのアメリカ人は、広島や長崎の原爆投下を、太平洋戦争を早く終わらせて、犠牲者を少なくするために必要だったと考えている。冷戦時代のアメリカ人は、核兵器は全面核戦争を防ぐ抑止力として必要と考えていた。だからアメリカ人には、今の日本で核議論さえも反対することは、理解できないことかも知れない。

そこには日本とアメリカで、戦争に対する考えに根本的な違いがある。一般のアメリカ人にとって戦争とは、正義や自由ための聖なる戦いである。しかし一般の日本人にとっての戦争は、残忍な殺戮や破壊が行われる罪悪なのである。中でも核兵器とはもっと残忍な兵器という考えである。

 これは近代の日本史で、国家が総力で巨大な軍事力を築き、国民の教育や思想を統制し、戦争を美化したことが、日本を最も不幸な時代にしたという反省からである。

だから日本人は本気で日本の先制攻撃論や核抑止論を議論すれば、自然と罪悪感さえも生まれてくる。

しかし、そんな考え方を日本に持ち込んだのはアメリカである。アメリカは日本が再び軍事大国になり、アジアや太平洋でアメリカと覇権を争うことに危機感を持った。だから日本が軽武装する代わりに、日本の安全をアメリカが保証した。

しかし日本人はこの平和主義に感謝している。日本が60年間も大きな戦争に巻き込まれることなく、諸外国から敵対されず、繁栄した国を築くことができたからだ。

北朝鮮は自国への制裁を宣戦布告とみなすと威嚇した。しかし日本は、北朝鮮の核実験に怯(おび)えていない。日本は、北朝鮮への対抗策として、核武装を進めるのではなく、国際社会の先頭で、厳しい経済制裁をとることを決めた。日本は、世界の経済大国の中では数少ない、核兵器を配備して抑止力としない国である。世界第二位の経済パワーを持つ日本は、核兵器が人類に登場して61年目に「非核大国」となった。

北朝鮮の核実験は、日本が核兵器に依存しない「非核大国」であることを日本人に自覚させた。

神浦元彰のホームページ: www.kamiura.com


********
日本語奨学金、オーロラ基金が、2007年度の申込を受付中 (6ページ)

 アメリカ人の日本語教師を支援している、ロサンゼルスのオーロラ基金は、2007年の奨学金の申込を受け付けている。締切は、12月29日まで。日本で日本語や日本文化を学ぶための奨学金3000ドルとアメリカから日本までの往復航空券が、与えられる。

*********
南カリフォルニア日系商工会議所の新会頭 (6ページ)

  11月16日に行われた、南カリフォルニア日系商工会議所の総会で、新会頭に、トーレンスのビジネス・コンサルタント若尾龍彦氏が選ばれた。任期は、選挙で選ばれた日から。就任式は、1月に行われる。

**********
寿司職人養成学校校長、アンディー松田のコラム (7ページ)

 11月にリトル東京のニューオータニ・ホテルで行われた寿司職人コンテストで、わたしのアシスタントを務めているタイ人のシバマンウドンジェが、第二位に選ばれた。
 
 卒業生が店を開いていくなかで、最近、おもしろいと思っているのが、アラスカの中華料理店の中に寿司コーナーが作られることだ。
 
 ステーキ鉄板焼きで有名なチェーン店「紅花」が、寿司のチェーン店を始めた。「ラ・寿司」という名前で、すでに、ラスベガス、シカゴ、サンディエゴで営業してる。ロサンゼルスでの第一店舗は、最近、トーレンスのデルアモ・ショッピング・センター内にオープンした。

**********
「お正月in リトル東京」イベント (8ページ)

  南カリフォルニア日系商工会議所が主催する「お正月inリトル東京」がウエラー・コート・ショッピング・センターを中心に行われる。メイン・ステージのイベントは、午前10時50分からの開始で、光太鼓グループの演奏で幕が開く。米国書道研究会を主宰する生田博子さんの書初め、生田流琴の粟屋陽子さんの琴演奏、二世ウィーク女王らによる餅撒きもある。

  ウエラー・コートでは、折り紙や凧作りを教えるテーブルも用意される。また、餅つきも行われる。

  ニューオータニ・ホテルでは、大晦日から年越しソバが用意されたり、日本食レストランでは懐石料理の特別メニューが出される。元旦には、おせち料理バイキングが用意される。正午から午後3時までは、カルタ大会や書初め、落語などのイベントも用意される。有料の着物着付け教室も開かれる。

  ロサンゼルス仏教連盟加盟の6寺院は、大晦日の法要と、元日の法要を行う。


カルチュラル・ニュースのホームページ: www.culturalnews.com

* * * * * * * * * * * * * * * 

カルチュラル・ニュースは、日本で購読することができます。日本での購読料は年間5000円(あるいは40ドル)です。また、カルチュラル・ニュースをアメリカのお知り合いにプレゼントしてください。アメリカでの購読料は年間20ドル(あるいは3000円)です。

送金先は、郵便振替口座へ
口座名: カルチュラル・ニュース日本支局
口座番号: 00220-0-45054

送金されましたときは、購読者名、住所、電話番号、金額、購読開始の月を、カルチュラル・ニュース本社まで、お知らせください。

Eメール:  higashi@culturalnews.com
ファクス:+1(国番号)-213-388-8428

バックナンバーの日本語要約は http://cn4japan.exblog.jp に掲載されています。

* * * * * * * * * * * * * * * 
[PR]
by culturalnews | 2006-12-23 14:41 | 月別の日本語要約