英字新聞カルチュラル・ニュースの日本語要約


by culturalnews

カルチュラル・ニュース2010年1月号の日本語要約

◎「竹久夢二」に恋したドイツ人の日本美術研究家(P1, 2, 4)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
カリフォルニア州ハンフォードにあるクラーク日本美術・文化研究センターに昨年夏から研究員で来ているサビネ・シュンクさんは、ドイツ・ミュンヘン大学の博士課程の大学院生。

クラークセンターに1年間滞在するプログラムに入っている。シュンクさんの研究テーマは竹久夢二。ヨーロッパとアメリカではまったく知られていない夢二にシュンクさんが出会ったのは5年前の京都大学の留学時代。すでに、日本の近代画家たちについては、ひと通りの知識を持っていたと思っていたシュンクさんは、知人から夢二展に誘われるまで、夢二を知らなかった。夢ニの作品を見て、たちまち、虜になってしまった。

クラーク・センターではシュンクさんの企画で、4月24日から7月31日まで「図案-21世紀初めの日本美術」展を行い、夢二の紹介を行う。


◎琉球舞踊・玉城流(たまぐすく・りゅう)扇寿会(せんじゅかい)のロサンゼルス公演、1月31日(P1, 4)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
沖縄から総勢40人の踊り手、地方、スタッフが来て、1月31日午後2時からトーレンス市内エルカミノ大学マーシー講堂(2000席)で「琉球芸能の今」が公演される。前売券は35ドル、当日券は45ドル。取扱いは北米沖縄県人会など。平成21年度の文化庁国際芸術交流支援事業の指定をうけ、北米沖縄県人会創立100周年記念として行われる。

公演の目玉は舞踊劇「海の天境」。あらすじは、15世紀の第7代琉球国王「尚徳王」が久高島(くだかしま)に流れ着き、島の巫女クニカサと恋に落ちる。尚徳王はクニカサから喜界島(きかいじま)征伐に武器を使わないことを懇願されるが、後に第八代国王となる金丸の策略で、悲劇的運命に追い込まれてしまう。


◎染色デザイナー林節子さんの干支掛け軸「張子のトラ」(P1)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バティック染めによる干支の「トラ」の絵を、ロサンゼルスの染色デザイナー林節子さんが作りました。作品自体は幅13.5インチ、高さ15インチで、掛け軸の表装になっています。展示貸し出しが可能です。カルチュラル・ニュースまで、ご連絡ください。(213-819-4100) なお、林さんの昨年の作品「牛」は2月末まで、パサデナのパシフィック・アジア美術館の日本ギャラリーの床の間に飾られています。


◎花柳若奈舞踊会(11月22日)に寄せて「江戸前の人と芸」(P2)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
11月22日にトーレンスのアームストロング劇場で行われた花柳若奈師匠の喜寿(77歳)のお祝い舞踊会を見た東京の舞踊家・高橋妙(たかはし・たえ・尾上流)さんから寄せられた感想文の英訳です。


◎英語劇「カタキ」日本人とアメリカ人俳優に2人芝居、ハリウッドの小劇場で公演、1月22日から2月13日 (P3)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
大阪出身の高橋やすさんとアメリカ人俳優フェルナンド・アルダスさんが、第二次大戦中の南方の孤島で出会った日本兵とアメリカ兵を演じる英語劇「カタキ」が1月22日の週末から4週間、上演されます。公演は、金曜、土曜、日曜の週末のみ。初演は1959年のニューヨーク・ブロードウェーで、早川雪舟が日本兵を演じました。

この脚本を見つけた高橋さんが、ロサンゼルスの演劇学校でいっしょだったアルダスさんと資金を出し合って、上演を企画しました。日本兵は日本語のみ、アメリカ兵は英語しかしゃべらないという状況で、2人が南海の孤島でどう生き延びていくのか、が見所です。演出は演劇界のベテラン、ピーター・ハスケルです。会場のマキャデン劇場は60席。チケットは20ドル。高橋さんの電話は (310) 956-2358.


◎演歌歌手ジェロのロサンゼルス公演、3月31日(P3)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ピッツバーグ出身の黒人演歌歌手ジェロのコンサートが3月31日、ロサンゼルス日米文化会館の30周年記念イベントの一環で行われます。会場はアラタニ日米劇場で午後8時から。チケットは100ドル、80ドル、60ドル、50ドル。一般への発売開始は2月1日から。


◎リトル東京・韓日交流フェスティバル、2月6日(P3)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
過去5、6年の間にリトル東京に住む韓国人が増えていることから、日韓の交流を図るため日韓協会が作られている。これまで、映画上映会、コンサートなどが行われており、今回は、国際交流基金や韓国文化センターが参加し、リトル東京の日米文化会館を会場に、韓国映画(ラフカット、2008年制作)日本映画(椿三十郎、2007年制作)リトル東京の日本人と韓国人の出会いを描いたドキュメント「新しい始まり」の上映や、日韓伝統芸能の上演、焼肉弁当が提供される。チケットは20ドル。


◎パシフィック・アジア美術館の新展示「藍と白の日本」3月25日(P3, 4)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
パサデナのパシフィック・アジア美術館の日本ギャラリーの展示が3月25日から新テーマ「藍と白の日本」となり1年間続く。3カ月ごとに作品を入れ替える。展示企画はメイヤー・マッカーサーが担当。磁器(染付け)、藍刷絵、藍染などの作品を展示し「藍と白」の美しさを説明する。美術館の入場料は9ドル。なお、3月1日までの日本ギャラリーでは「日本の芸術:美術館への寄贈品」展が行われている。


◎東京で見る美術:弥生美術館と竹久夢二美術館(P4)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
板津木綿子(いたつ・ゆうこ)さんによる東京で見ることができる日本美術展のレポートです。今回は、文京区弥生にある弥生美術館と竹久夢二美術館を取り上げました。この2つの美術館は隣り合っており、ともに弁護士・鹿野琢見のコレクションが元になっている。1月3日から3月28日までの展示は、弥生美術館が「鰭崎英朋(ひれざき・えいほう)展-明治・大正の挿絵界を生きる」竹久夢二美術館は「開館20周年記念展第一弾、竹久夢二と大正ロマンの世界展-女性・流行・文化にみる新しい波」


◎アンディー松田の寿司職人学校コラム(P5)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
新年の抱負として、今年は、学校の外にできるだけでるようにしたい。2月6日にモンテベロ図書館アジア太平洋資料センター予定されている寿司実演のように、リクエストがあれば、積極的に学校の外で、寿司を教えて行きたい。


◎新年広告(日本カルチャー教室の紹介)P5
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
緊那羅太鼓・緊那羅雅楽 正派若柳流・若柳久三・若柳久女 サムライ・ストアー・インターナショナル(兜・鎧の販売)林節子染色教室 茜会・型染め・紅型教室 日本語劇団ありがとう会 ギャラリー・ラセン 観世音寺・座禅・ヨガ・弓道 南加弓道会 国際交流基金の公告・リトル東京・韓国・日本フェスティバル 柔道本「魂闘」22ドル 


◎新年広告(日本カルチャー教室の紹介)P6
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
禅宗寺 高野山米国別院 裏千家茶道・松本宗静(ロサンゼルス) 裏千家茶道・小泉宗由(オレンジ・カウンティー)裏千家茶道・スタット片山宗綾(サンディエゴ・チュラビスタ)カリフォルニア愛石会 NKナーサリー(園芸店)・草月いけばな・北島蓉幸 粟屋陽子琴教室 花柳若奈舞踊教室 坂東三津拡会(坂東流直門)坂東秀十美舞踊教室 照屋勝子筝曲研究会 真境名本流琉舞道場 北米沖縄県人会


◎新年広告(日本カルチャー教室の紹介)P7
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
西本願寺ロサンゼルス別院 東本願寺ロサンゼルス別院 LA着物クラブ 山野流着装教室 日本伝統芸能振興会 日本語学園協同システム・バレー学園・羅府中央学園・パサデナ学園・オレンジ・コースト学園・中高校部 寿司シェフ・インティチュート 香川保険 木村フォトマート


◎琉球芸能「海の天境-Umi nu Tinzakai」について琉球大学の山里勝己(やまざと・かつのり)教授の解説(P8)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
民族によってことばのリズムが違う。琉球の詩は、日本の短歌や俳句とは違うリズムを持っている。琉球リズムによって書かれた組踊り(くみうどい)は1719年に中国使節が見たという記録が残っている。そのときの踊り奉行を勤めてのが、組踊の始祖と呼ばれる玉城朝薫(たまぐすく・ちょうくん)である。組踊りは、2007年の芥川賞作家の大城立裕による「花の幻琉球組踊十番」で現代に復活した。今回、ロサンゼルス公演が行われる「海の天境」も大城の作品で、国立劇場おきなわの芸術監督を務める幸喜良秀(こうき・りょうしゅう)が演出している。

◎広告:玉城流扇寿会 琉球芸能公演「琉球芸能のいま」1月31日午後2時、エルカミノ大学(P8)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◎広告:演劇「カタキ」1月22日-2月13日、金、土、日の週末の公演(P8)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]
by culturalnews | 2010-01-22 17:54 | 月別の日本語要約